U2

U2による「CityofBlindingLights」

U2の「CityofBlinding Lights」では、変化、成長、そして人生でより多くの経験を積むことと、無実を失うことのプロセスについて詳しく説明しています。 続きを読みます

U2の「今夜クレイジーに行かなければクレイジーになります」

U2の「今夜クレイジーに行かないとクレイジーになります」は、進歩の重要な要素として、人生の態度、行動、日常生活を変える必要性に焦点を当てています。 続きを読みます

U2による「BeautifulDay」の意味

伝説的なアイルランドのロックバンドU2によるBeautifulDayの歌詞は、人生ですべてを失ったが、それでも喜びを感じている男性についてのものです。 続きを読みます

U2による「ニューイヤーズデイ」の意味

この投稿は、U2の「ニューイヤーズデイ」という曲の背後にある意味に光を当てています。この曲の歌詞は、1980年代のポーランドの連帯運動に多くの言及をしています。 続きを読みます

U2の「プライド(愛の名において)」歌詞意味

「プライド(愛の名において」)は、人類への愛情のこもった奉仕で命を落としたマーティン・ルーサー・キング、イエス、その他へのU2の心からの賛辞です。 続きを読みます

U2による「アメリカを築いた手」

U2の「TheHandsThat Built America」では、歌手は19世紀のアイルランド移民であり、アメリカの建設に貢献してきました。 続きを読みます

U2

2020年の時点で、U2は、グラミー賞を最も多く受賞したバンド/グループであるという記録を保持しています。 続きを読みます

U2 –探しているものがまだ見つかりません

U2の「私はまだ探しているものが見つかりません」で、ボノは精神的な悟りに似た経験を探していますが、役に立ちません。 続きを読みます

U2の「神の国」の歌詞の意味

U2の「神の国」は移民の経験に向けられており、アメリカンドリームを十分に活用することを物語っています。 続きを読みます

U2の「悪い」歌詞の意味

U2は「悪い」の歌詞を使用して、さまざまな能力で彼らの歴史の一部であった麻薬中毒者に同情します。 続きを読みます