50セント

50セントによる「21クエスチョンズ」(フィートネイトドッグ)

「21クエスチョンズ」では、50セントがガールフレンドのコミットメントに疑問を投げかけていますが、彼女との関係が直面する可能性のあるさまざまな仮想的な課題を提示しています。 続きを読みます

50セント

Rapper 50 Centは、音楽の世界だけでなく、演技や起業家精神においても、彼自身の巨大な名前を作成するためにあらゆる可能性に挑戦しました。 続きを読みます

50Centの「CandyShop」の歌詞意味

「CandyShop」の歌詞は、さまざまなキャンディー関連のメタファーを使用して50 Centを見つけ、異性との寝室の楽しみのアイデアを示しています。 続きを読みます

50セントの「AyoTechnology」(ジャスティンティンバーレイクとティンバーランドフィート)

50CentとJustinTimberlakeの「AyoTechonology」では、ナレーターは特定の女性を見るのにうんざりしていて、実際に彼女とのロマンチックなランデブーを開始したいと考えています。 続きを読みます

50セントの「バックダウン」

Back Down by 50 Centは、その間に50Centの牛肉を食べていたラッパーのJaRuleに明確に向けられたディスリスペクトの曲です。 続きを読みます

50セントの「インダクラブ」

「インダクラブ」では、50 Centは、観客が立ち上がって、人の誕生日や一般的な生活を祝って踊ることを望んでいます。 続きを読みます

50セントの「ManyMen」

この自伝的な歌で、ラッパーの50 Centは、「多くの男性」が彼の死を望んでいることを認めていますが、それでも彼は繁栄しています。 続きを読みます

50セント(エミネムフィート)による「ペイシェイントリーウェイティング」

50 Cent(Fif)は、彼の大きな瞬間を「辛抱強く待っていました」。そして今、彼はそれを祝うことを恥ずかしがり屋ではありません。 続きを読みます

「P.I.M.P.」 50セントで

ヒット曲「P.I.M.P.」では、50 Centは本当の「ヒモ」、つまり基本的に働く女の子を使って自分自身を豊かにする個人として登場します。 続きを読みます

エド・シーラン(ft。Eminem&50 Cent)の「RemembertheName」

「リメンバー・ザ・ネーム」では、エド・シーラン、エミネム、50セントが、注目すべきキャリアに関連した個人の素晴らしさをほのめかしている個々の詩を落としています。 続きを読みます