クランベリーズの「アニマルインスティンクト」の歌詞の意味

「アニマルインスティンクト」で表現された感情の背後にある歴史は、クランベリーズのリードシンガーであるドロレスオリオーダン(1971-2018)が少し前に出産し、結果として生じた精神的な問題のために基本的に彼女の音楽キャリアをあきらめたことです。しかし、彼女は最終的に、自分が出産した同じ息子からゲームに戻る喜びを再発見しました。そして、彼女の子供との活気に満ちた関係と、彼女が明らかに「動物の本能」と呼んでいるもの。


この曲の宛先は彼女の息子です

確かに、彼女の息子のテイラーバクスターバートン(当時は約3歳だったでしょう)が実際に曲の宛先であるように見えます。そしてドロレスが彼に言っているのは、最初は彼が「彼女を泣かせた」ということです。この声明は、彼女が彼の誕生後に経験した前述のうつ病をほのめかします。しかし、時が経つにつれ、彼女は本当に彼に感謝し、彼を愛するようになりました。

したがって、2番目の詩が転がる時までに、彼女は代わりに彼女の懸念を表明していて、彼が決して害を及ぼさないことを望んでいます。確かに、彼の安全に対する彼女の関心は、間違いなく曲の包括的な感情です。さらに、彼女は、彼の誕生の一部として彼女が経験した精神的な問題が完全になくなることは決してないことをある程度理解しているようです。


結論

したがって、すべてを考慮すると、このトラックは、母性の喜びと不安の両方をカプセル化することを目的としたトラックとして定義できる可能性があります。それは実際、彼女の子供の全体的な幸福、おそらく彼を適切に育てる彼女の能力についてさえ明らかに警戒している新しい母親によって引用されています。しかし、彼が来ることで、彼女は人生に新たな借金を見つけました。

の歌詞

「動物本能」の発売日

「アニマルインスティンクト」は、クランベリーズのアルバム「BurytheHatchet」のリードシングルとして1999年7月5日にリリースされました。そして、そのプロジェクトの背後にあるレーベルはアイランドレコードです。

この曲と「 ゾンビ 」と「 リンガー 」は、バンドの2008年のコンピレーションプロジェクト「Gold」にも登場します。

クレジットを書く

曲の作者は、クランベリーズの2人のメンバー、ドロレスオリオーダンとノエルホーガンです。そして、トラックはベネディクト・フェナーによって制作されました。


「動物の本能」チャートはありましたか?

はい、そうです。曲はイギリスとブラジルを含む6カ国で作曲されました。