スパイスガールズ

スパイス・ガールズの「2Become1」

スパイスガールズの「2Become1」は、躊躇している可能性のある恋人と親密になるという歌手の緊急の必要性を表しています。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「ホラー」

「ホラー」では、スパイス・ガールズのメンバーが寝室を完全にコントロールし、社会的基準とは対照的に、男性に彼らが望む喜びを与えたいと考えています。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「レット・ラヴ・リード・ザ・ウェイ」

スパイス・ガールズの「レット・ラヴ・リード・ザ・ウェイ」は、困難に直面している人への励ましとモチベーションの歌詞でいっぱいです。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「ママ」

スパイス・ガールズの「ママ」は、愛情から子供を育てるために最善を尽くした母親にのみ捧げられています。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「さようなら」の意味

スパイス・ガールズの「グッドバイ」は、1998年に歌手のジェリ・ハリウェルがスパイス・ガールズから去ったことについて書かれたと考えられている曲です。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「セイ・ユール・ビー・ゼア」

スパイスガールズの「SayYou’ll Be There」は、ナレーターが薄っぺらな恋愛ではなく、強い友情を必要としていることを表しています。それは恋人ではなく信頼できる友人の必要性を表しています。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「スパイス・アップ・ユア・ライフ」

「スパイス・アップ・ユア・ライフ」の歌詞は、主にスパイス・ガールズがポジティブなエネルギーに満ちた世界に住みたいという衝動に焦点を当てています。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「ストップ」

Spcie Girlsの「Stop」は、歌詞が主にコミットメントに突入しないことの重要性に焦点を当てている曲です。 続きを読みます

スパイス・ガールズの「多すぎる」

Spice Girlrsの「TooMuch」は、日常的な関係にうんざりしている恋人の不確かな認識をカバーしています。それは本質的に疑わしいパートナーの感情を捉えています。 続きを読みます

スパイス・ガールズによる「ビバ・フォーエバー」の意味

スパイス・ガールズの「ビバ・フォーエバー」は、失われた愛する人の思い出を永遠に生き続けるという彼らの信念に焦点を当てています。 続きを読みます