ロッド・スチュワート

ロッド・スチュワートの「ベイビー・ジェーン」

「ベイビージェーン」の歌詞は、ロッド・スチュワートが有毒な恋人と別れを告げるのを見つけ、傷ついたとしてもそれは学んだ教訓だと考えています。 続きを読みます

ロッド・スチュワートによる「別れ」の意味

ロッド・スチュワートの2018年の曲「Farewell」は、スチュワートが「他の人へのラブソング」と呼んでいるものです。この曲は、スチュワートの亡くなった友人への賛辞です。 続きを読みます

ロッド・スチュワート– Tonight’s the Night(Gonna Be Alright)

ロッド・スチュワートの「Tonight's the Night(Gonna Be Alright)」は、彼が「処女」の受取人に彼と関係を持つよう説得しようとしているのを発見しました。 続きを読みます