ラムシュタイン

ラムシュタインの「エンジェル」歌詞意味

ラムシュタインの「エンゲル」は、天使を問題を抱えた魂として、天国を歌手にとって魅力のない場所として描いています。 続きを読みます

ラムシュタインによる「Ausländer」の意味

ラムシュタインの「Ausländer」では、ナレーターは、さまざまな女性と楽しむという名目で、常に国を行き来しています。 続きを読みます

ラムシュタインによる「ドイツ」の意味

「Deutschland」では、バンドRammsteinがドイツとの愛憎関係を示しています。彼女の力と可能性を認めながら、彼女の不穏な歴史も認めているからです。 続きを読みます

ラムシュタインによる「デュハスト」の意味

ラムシュタインの曲「デュ・ハスト」では、結婚の問題が浮かび上がると、歌手はガールフレンドと結婚したくないという強い願望を強調しています。 続きを読みます

ラムシュタインによる「PUPPE」の意味

ラムシュタインの「PUPPE」は、妹の売春に精通し、彼女が殺害されるのを目撃した少年の悲惨な物語を語っています。 続きを読みます

ラムシュタインによる「剥奪」の意味

ラムシュタインの「ストリップ」の歌詞は、ナレーターが彼の重要な他の「ストリップ」を彼女の存在の偏見のない核心に落としたいと望んでいるのを見る。 続きを読みます

ラムシュタインの「ガソリン」の意味

ラムシュタインの「ベンジン」(「ローゼンロット」アルバムからの引用)は、世界の石油に対する非常識な魅力に焦点を当てています。 続きを読みます

ラムシュタインの「クラヴィエ」歌詞意味

ラムシュタインの「クラヴィエ」の忘れられない歌詞の主題は、明らかに女性ピアニストを殺害した少年です。 続きを読みます

ラムシュタインの「ラジオ」歌詞意味

ラムシュタインの「ラジオ」では、毎晩ラジオを聞くことで、ナレーターは自分が住んでいる抑圧的な現実の状況から解放されたと感じます。 続きを読みます