ピンク

ピンクの「90Days」(ft。Wrabel)

「90Days」では、歌手の「ピンクとレイベル」が深刻な関係にあるが、真に恋をしていない状況に取り組んでいます。 続きを読みます

P!Nkによるミリオンドリームズ

アメリカの歌手ピンクによる「AMillionDreams」の歌詞は、前向きな考え、信仰、そしてあなたの夢を信じるという大きな力への賛歌です。 続きを読みます

Rag’n’Bone Man&Pinkによる「AnywhereAwayfromHere」

若者の恐れを知らない楽観主義を楽しんだ後、「ここから離れた場所」(ピンクとラグアンドボーンマン)のナレーターは、今では老化し、不満を感じ、立ち往生しています。 続きを読みます

ピンクの「ブローミー(ワンラストキス)」

「BlowMeOne Last Kiss」という曲は、長い間当たり前のことだと感じたときに、一方の当事者が簡単に関係から抜け出すことができる方法を描いています。それは単に悪い分裂の緊張を示しています。 続きを読みます

P!nk(Ft。CashCash)の「CanWePretend」

「CanWePretend」では、ピンクは現在の関係を活気づけるために、ブーイングで過去の側面を取り戻したいと考えています。 続きを読みます

ピンク&ウィローセージハートの「CoverMeinSunshine」

「CoverMein Sunshine」で、ピンクと彼女の娘のウィローは、私たちが以前と同じように(良くはないにしても)パンデミックから抜け出すことを望んでいます。 続きを読みます

ピンクの「GetthePartyStarted」

要約すると、「Get the Party Started」という曲は、歌手の成功に対する楽観的な見方から生まれた興奮のレベルについて語っています。 続きを読みます

ピンクの「I’mNotDead」

ピンクの「私は死んでいない」は、不安定な関係にある歌手の心の状態を強調しています。 続きを読みます

ピンクの「ジャスト・ライク・ファイア」

要するに、「ジャスト・ライク・ファイア」という曲は、自分を信じ、社会の気まぐれに支配されないことの重要性を強調しています。 続きを読みます

ピンクの「ジャストライクピル」

簡潔に言えば、「ジャストライクピル」という曲は、彼女の恋人を、気分を良くするのではなく、彼女の状態を悪化させる薬と比較しています。 続きを読みます