ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーの「エボニー・アンド・アイボリー」(スティーヴィー・ワンダーフィート)

ポール・マッカートニーとスティーヴィー・ワンダーは、「エボニーとアイボリー」を使用して、ピアノの同じような色の鍵盤のように、黒人と白人が「完全に調和」して存在する世界を想像します。 続きを読みます

ポール・マッカートニーの「フリーダム」

ポール・マッカートニーの「自由」は、人々が自然の神から与えられた権利として自由を享受する必要性に焦点を当てながら、9月11日の攻撃後の出来事を扱っています。 続きを読みます

ポール・マッカートニーの「たぶん私は驚いています」歌詞意味

「たぶん私は驚いています」は、ポール・マッカートニーの亡き妻リンダ・マッカートニーに対する圧倒的な愛と感謝の音楽表現です。 続きを読みます

ポール・マッカートニーによる「繰り返し警告にもかかわらず」の意味

「繰り返し警告にもかかわらず」では、ポール・マッカートニーがドナルド・トランプ大統領を攻撃し、彼を「狂った船長」と呼び、彼の民を破壊に導いた。 続きを読みます

ポール・マッカートニーの「パイプス・オブ・ピース」

1983年後半に発売された「パイプス・オブ・ピース」は、ポール・マッカートニーによって独占的に書かれ、ジョージ・マーティンによって制作されました。 続きを読みます