ニール・ヤング

ニール・ヤングの「AngryWorld」

ニール・ヤングの「アングリー・ワールド」では、本質的に、人生とは何かに関する人々のさまざまな視点に関するナレーターの考えについて話し合っています。 続きを読みます

ニール・ヤングの「ハーヴェスト」

ニール・ヤングは「ハーヴェスト」という曲で、人生に困っている女性を扱っており、それが彼らの関係を圧倒するのではないかと考えています。 続きを読みます

ニール・ヤングの「リーダーを探す」歌詞の意味

ニール・ヤングの「リーダーを探す」は、より有能で先見の明のあるリーダーに対するアメリカの切実な必要性について語る曲です。 続きを読みます

ニール・ヤングの「自由な世界のロッキン」歌詞意味

「自由な世界のロッキン」では、ニール・ヤングがアメリカでの生活を痛烈に見つめ、無数の社会問題のある場所として描いています。 続きを読みます