殺人者

ザ・キラーズの「ブローバック」

ここで、キラーズは、困難な人生の「ブローバック」に直面している若い女性がそれにもかかわらずプレスをかけたという話をします。 続きを読みます

ザ・キラーズの「DyingBreed」

The Killersの「DyingBreed」で、ブランドンフラワーズは、彼と彼の配偶者の間の不朽の愛と献身が今日の世界では珍しいと感じています。 続きを読みます

ザ・キラーズの「ファイアー・イン・ボーン」

キラーの「ファイアー・イン・ボーン」のナレーターは、彼が人生の中でどのようにひどいポイントに到達したかについて話します。 続きを読みます

ザ・キラーズの「グラマラス・インディー・ロックンロール」

「グラマラスインディーロックンロール」は、そのビッグインディーロックのように見える曲であり、むしろそのジャンルにハマったくないというザキラーズの願望を表しています。 続きを読みます

ザ・キラーズの「ジェニーは私の友達だった」

キラーズの「ジェニーは私の友人だった」は、ニューヨーク市でジェニファー・レビンという名前の18歳の女性の1986年の絞殺死に触発されました。 続きを読みます

ザ・キラーズの「My God」(ft。WeyesBlood)

キラーズの「マイゴッド」は、ブランドンが生涯にわたって抱えていた重荷が奇跡的に肩から取り除かれたことを祝っているのを発見しました。 続きを読みます

ザ・キラーズの「マイ・オウン・ソウルズ・ワーニング」

ザ・キラーズの「マイ・オウン・ソウルズ・ワーニング」で、歌手は過去に彼自身の良心に反対する決定を下しました。 続きを読みます

ザ・キラーズの「Running TowardsaPlace」

TheKillersの「RunningTowardsA Place」は、ブランドン・フラワーズがパートナーを理想化し、自分自身を啓発的な生活に向けて統一するラブソングです。 続きを読みます

ザ・キラーズの「サムバディ・トールド・ミー」

キラーズの「サムバディ・トールド・ミー」は、愛の関心を勝ち取るか、熱心な聴衆の注目を集めることに伴う困難をカバーしています。 続きを読みます

キラーズの「注意」歌詞意味

ザ・キラーズのこの曲の主題は、風に「注意を向ける」ことを考えており、故郷から逃れるという彼女の夢を追求しています。 続きを読みます