カニエ・ウェスト

カニエ・ウェストの「ブラック・ベトナム」(ルーペ・フィアスコフィート)

カニエ・ウェストとルーペ・フィアスコの曲「ブラック・ベトナム」は、2013年にさかのぼります。 続きを読みます

カニエ・ウェストの「バウンド2」

「バウンド2」では、カニエ・ウェストは、彼女の本当の恋人になるという受取人の夢を実現する男として自分自身を提示します。 続きを読みます

カニエ・ウェストの「Ca n’t TellMeNothing」

カニエ・ウェストは、「Ca n’t Tell Me Nothing」の歌詞で、彼の個人的な欠陥と属性を認めています。 続きを読みます

カニエ・ウェストによる「日曜日は休業」

「日曜日は休業」では、カニエ・ウェストが、イエスを中心とした新しい人生観を持った人物であると宣伝し、リスナーに同様の気質を採用するように忠告しています。 続きを読みます

カニエ・ウェストの「ダイヤモンドは永遠に」

「ダイヤモンドは永遠に」のオリジナルバージョンはRoc-A-FellaRecordsへのオマージュとして機能し、リミックスはさらに血のダイヤモンドの問題に対処します。 続きを読みます

カニエ・ウェストの「グッドライフ」(ft。T-Pain)

「グッドライフ」では、カニエ・ウェストが彼の成功を祝うと同時に、嫌悪者とまだ登場している人々の問題に取り組んでいます。 続きを読みます

カニエ・ウェストの「ハートレス」

「ハートレス」では、カニエ・ウェストは、揺るぎなく彼を粗末に扱っている誰かに恋をしているといううらやましい立場にいることに気づきます。 続きを読みます

カニエ・ウェストの「おはよう」歌詞意味

「おはよう」の焦点であるカニエ・ウェストの「卒業」は、旅の少ない道を進んだにもかかわらず、彼の人生がサクセスストーリーであることを象徴しています。 続きを読みます

カニエ・ウェストの「ジーザス・ウォーク」歌詞意味

「イエス・ウォーク」では、カニエ・ウェストは、イエスを彼の全体的な成功に不可欠であり、他の人にも同じ役割を果たす存在として認識しています。 続きを読みます