ジャスティン・ティンバーレイク

マドンナの「4Minutes」(ジャスティンティンバーレイクとティンバランドフィート)

マドンナによると、ジャスティンティンバーレイクとティンバランドとの彼女の「4分間」のコラボレーションは、環境の破壊を防ぐことについてです。 続きを読みます

Meek Mill(ft。JustinTimberlake)による「Believe」

「Believe」は、Meek Millのインスピレーションあふれる曲のバージョンであり、宗教的な意味合いも強いことを意味します。 続きを読みます

ジャスティン・ティンバーレイクの「Cry MeaRiver」

要約すると、ジャスティン・ティンバーレイクの「クライ・ミー・ア・リバー」は、主に失恋と、人間関係で不当に扱われていると感じたときの復讐への欲求に関するものです。 続きを読みます

ジャスティンティンバーレイクの「プッシャーラブガール」歌詞意味

ジャスティン・ティンバーレイクの「プッシャー・ラブ・ガール」の歌詞は、誰かと深く恋に落ちるという中毒性の高い性質についてです。 続きを読みます

ジャスティン・ティンバーレイクの「ミラー」

ジャスティン・ティンバーレイクの「ミラーズ」は、歌手の大切な人が自分自身を反映していることを前提としたラブソングです。 続きを読みます

SZA&ジャスティン・ティンバーレイクによる「反対側」

この曲では、SZAとジャスティンティンバーレイクは、「反対側」、つまり個人の理想的なライフスタイルに到達しようとする忍耐の実践を支持しています。 続きを読みます

ジャスティン・ティンバーレイクの「What GoesAround…ComesAround」

ジャスティン・ティンバーレイクは、「What GoesAround…ComesAround」を使用して、彼女が彼を不利に扱ったのと同じように、誰かが彼女を同様に扱うだろうと彼の不誠実な元に警告します。 続きを読みます