ジョジョ

Y2k&JoJoによる「DamageIsDone」

Y2KとJoJoの「DamageisDone」は、パートナーによって引き起こされた傷から決して癒すことはできないという考えに基づいて、関係を終わらせるという作家の決意に焦点を当てています。 続きを読みます

ジョジョの「LonelyHearts」

「LonelyHearts」では、ジョジョは恋に落ちることが最終的に失恋につながると感じているため、彼女の関係とロマンチックな野心を失っています。 続きを読みます

PJモートン(ジョジョフィート)による「SaySo」

「SaySo」では、ナレーター(PJモートンとジョジョ)は、ロマンチックなパートナーに、彼らの関係における愛が本物であるという確認を求めています。 続きを読みます