艦隊からのグレタ

グレタ・ヴァン・フリートの「AgeofMachine」

グレタ・ヴァン・フリートの目には、「機械の時代」は、人間のテクノロジーへの依存度が驚くほど高いレベルに達したものです。 続きを読みます

グレタ・ヴァン・フリートの「ブロークン・ベルズ」

グレタ・ヴァン・フリートの「ブロークン・ベルズ」は、システムとの戦いのような曲の1つであり、その意味はその比喩で失われる可能性があります。 続きを読みます

グレタ・ヴァン・フリートの「ヒート・アバブ」

グレタヴァンフリートのヒッピー主義は、それが標準ではない時代の共同愛の支持に現れています。 続きを読みます

グレタ・ヴァン・フリートの「ハイウェイチューン」

グレタ・ヴァン・フリートの「ハイウェイ・チューン」の歌手は、受取人に対する彼のロマンチックな感情の深刻さを説明することに着手しました。 続きを読みます

グレタ・ヴァン・フリートの「マイ・ウェイ、スーン」

グレタ・ヴァン・フリートの「マイ・ウェイ、スーン」では、ナレーターは路上での彼の経験だけでなく、最初に彼を路上に導いたものについても話します。 続きを読みます