デミ・ロヴァート

デミ・ロヴァートの「誰でも」歌詞意味

「誰でも」では、デミは彼女が経験していることを本当に気にかけていると彼女が感じる彼女の人生の誰かの不足に苦しんでいます。彼女にとって、この歌は助けを求める叫びです。 続きを読みます

デミ・ロヴァートの「Dancing withtheDevil」歌詞意味

デミ・ロヴァートは「悪魔と踊った」、つまり、回復中毒であったにもかかわらず、中毒者をいじり始めました。 続きを読みます

デミ・ロヴァートの「コマンダー・イン・チーフ」歌詞意味

デミ・ロヴァートの「コマンダー・イン・チーフ」は、正真正銘の反トランプ国歌であり、デミ自身とジュリア・マイケルズを含む多くの著名なソングライターによって執筆されました。 続きを読みます

デミ・ロヴァートの「ILoveMe」

デミ・ロヴァートの「I Love Me」は自己愛の国歌であり、歌手は他の方法で強制されているにもかかわらず、自分自身を大切にすることを約束しています。 続きを読みます

サム・スミスとデミ・ロヴァートの「I’mReady」

「I'mReady」では、ナレーター(SamSmithとDemiLovato)は、感情的なリスク要因が関係しているにもかかわらず、ロマンスの「準備ができている」以上のものです。 続きを読みます

デミ・ロヴァートの「SorryNotSorry」の意味

この投稿では、アメリカの歌手デミ・ロヴァートの「SorryNotSorry」という曲について知っておく必要のある意味と興味深いことをすべて見ていきます。 続きを読みます

デミ・ロヴァート&マシュメロによる「OK Not toBeOK」

デミ&マシュメロの「OK Not to Be OK」は、うつ病は人間の存在の極端ではなく正常な部分として認識されるべきであると仮定しています。 続きを読みます

デミ・ロヴァートの「StillHaveMe」

デミ・ロヴァートはこのバラード(「Still Have Me」)を使用して、彼女の道の中での計り知れない挑戦にもかかわらず、決してあきらめないように自分自身を安心させています。 続きを読みます