ビリー・ジョエル

ビリー・ジョエルの「私たちは火をつけなかった」歌詞の意味

「ハートにファイアを始めなかった」の歌詞は、ビリー・ジョエルが人生の最初の40年間の世界史、つまり著名な出来事や個性を詳しく説明していることを示しています。 続きを読みます

ビリー・ジョエルの「ピアノマン」

この古典的な歌では、ナレーター(ビリー・ジョエル)は地元のバーの「ピアノマン」であり、常連は彼の音楽のファンになっています。 続きを読みます

ビリー・ジョエルの「イタリアンレストランの風景」

「イタリアンレストランの風景」で、ジョエルは古くからの友人と出会い、高校時代のカップルである「ブレンダとエディ」の物語を語ります。 続きを読みます

ビリー・ジョエルの「彼女はいつも女性」

ビリー・ジョエルは、「彼女は常に女性」の歌詞を使用して、当時の妻エリザベス・ウェルナーの意志の強い独立した精神を祝っています。 続きを読みます

ビリー・ジョエルの「The RiverofDreams」

『リヴァー・オブ・ドリームス』では、ビリー・ジョエルがヒット曲を生み出しただけでなく、彼の精神性を分析する夢を持っていました。 続きを読みます

ビリー・ジョエルの「アップタウン・ガール」

ビリー・ジョエルは、「アップタウン・ガール」、つまり自分よりもはるかに高い社会経済的階級の女性を迎える機会を認識しています。 続きを読みます