アンドレア・ボチェッリ

アンドレア・ボチェッリ

アンドレア・ボチェッリは10代になる前に視力を失いましたが、その後、史上最も象徴的なオペラ歌手の1人になりました。 続きを読みます

アンドレア・ボチェッリとデュア・リパによる「もしも」

曲「イフ・オンリー」は、死んだ関係の参加者(アンドレア・ボチェッリとデュア・リパ)が、彼らの関係を放棄し、お互いに別れを告げるという彼らの決定を深く後悔しているのを見つけます。 続きを読みます

セリーヌ・ディオンとアンドレア・ボチェッリによる「祈り」

セリーヌ・ディオンとアンドレア・ボチェッリの「祈り」の歌詞は、愛に満ちたより平和な世界への歌手の要求と嘆願をカバーしています。 続きを読みます