アンダーソン.paak

アンダーソン・パーク

アフリカ系アメリカ人であることに加えて、ミュージシャンのアンダーソン・パークは、彼の祖先をアジア大陸の韓国にまでさかのぼります。 続きを読みます

Anderson.Paakの「KingJames」歌詞意味

「キングジェームズ」では、アンダーソン.Paakは、アフリカ系アメリカ人コミュニティに貢献した有名な個人(特にレブロンジェームズ)を称賛し、アメリカの抑圧された人々を悩ませている問題を強調し、そのような行動を奨励しています。 続きを読みます

Anderson .Paakによる「Cheers」(Q-Tipをフィーチャー)

「Cheers」はアンダーソン・パークによる哀愁を帯びたトラックで、Q-Tipをフィーチャーしています。このトラックでは、.Paakは亡くなった友人でありコラボレーターであるMacMillerに敬意を表しています。 続きを読みます

Anderson .PaakFt。による「ComeHome」アンドレ3000

この曲では、アーティスト(Anderson.PaakとAndre3000)は、ロマンスが望ましくない状態にあるにもかかわらず、愛する女性に「帰宅」することを強いられていると感じています。 続きを読みます

エミネムの「ロック・イット・アップ」(ft。Anderson.Paak)

「ロック・イット・アップ」は基本的に典型的なエミネムのブラガドシオの曲ですが、アンダーソン・パークはこの機会を利用してロマンスをハープします。 続きを読みます

Anderson .Paak(Ft。SmokeyRobinson)による「MakeItBetter」

アンダーソン・パークとスモーキー・ロビンソンの「Make It Better」では、ナレーターは彼のロマンスが痛々しいほど崩壊していることに気づきますが、彼と彼のブーイングはそれをより良くすることができると信じています。 続きを読みます

アンダーソン・パークの「マンサ・ムーサ」(ドクター・ドレーとココア・サライをフィーチャー)

ドクター・ドレーとココア・サライをフィーチャーしたアンダーソン・パークの「マンサ・ムーサ」の歌詞は、アンダーソンがマリの皇帝ムサ・Iと自分を比較しているのを見る。 続きを読みます