アレッシアウェイ

Logicによる「1-800-273-8255」(ft。AlessiaCara&Khalid)

Logicの「1-800-273-8255」は、明白な自殺防止メッセージを出す際にさまざまなアプローチをとる曲です。 続きを読みます

アレッシア・カーラ

アレッシア・カーラは、2015年に彼女の処女アルバム「Know-It-All」をリリースした直後に、音楽業界のプレミア歌手の1人としての地位を急速に確立しました。 続きを読みます

アレッシア・カーラの「今日ではない」歌詞の意味

このメランコリックな曲の中で、歌手のアレッシア・カーラは、「今日ではない」とはいえ、最終的には癒される失恋から立ち直っています。 続きを読みます

アレッシア・カーラの「10月」の歌詞の意味

アレッシア・カーラの「10月」の歌詞は、ナレーター(アレッシア)が夏を啓発しているため、シーズンの終わりである「10月」が到着することを望んでいないことを示しています。 続きを読みます

ラウヴの「カナダ」(アレッシア・カーラフィート)

2人の恋人(ラウヴとアレッシア・カーラ)は、平和で繁栄した環境を象徴する名高い国で、一緒に「カナダ」に引っ越すことを夢見ています。 続きを読みます

アレッシア・カーラの「ヒア」

ここでアレッシア・カーラは、パーティーで不快に感じ、非常に反社会的な人として外れる内向的な人の考えを捉えています。 続きを読みます

アレッシア・カーラの「アウト・オブ・ラヴ」の意味

『アウト・オブ・ラヴ』では、アレッシア・カーラは突然の心の変化に混乱し、荒廃し、彼氏が彼女を去りました。 続きを読みます

アレッシア・カーラによる「トラスト・マイ・ロンリー」の意味

カナダのシンガーソングライター、アレッシア・カーラによると、「トラスト・マイ・ロンリー」の歌詞は彼女の人生に基づいています。 続きを読みます

アレッシア・カーラの「オーケーオーケー」

「オーケーオーケー」では、歌手のアレッシア・カーラがいつものルーティンから時間を取って、自分に捧げるトラックをドロップします。 続きを読みます

アレッシア・カーラの「RootingforYou」

アレッシア・カーラの「Rooting for You」では、ナレーターは特定の人との関係がうまくいくことを望んでいましたが、そうではありません。 続きを読みます