エアロスミス

エアロスミスの「ウォークディスウェイ」歌詞意味

エアロスミスの「ウォークディスウェイ」は、経験豊富でコントロールしているパートナーと一緒に行われる、若い男たちの最初の官能的な体験を中心にしています。 続きを読みます

エアロスミス

エアロスミスとラップグループのRunDMCとのクラシック曲「ウォーク・ディス・ウェイ」でのコラボレーションは、彼らのキャリアを活性化する上で大きな役割を果たしました。 続きを読みます

エアロスミスの「ドリーム・オン」

エアロスミスのドリームオンは、夢を心から追求し、地球上で限られた時間を可能な限り最善の方法で楽しむことを目的としています。 続きを読みます

エアロスミスの「ミス・ア・シング」

エアロスミスのクラシックな「ミス・ア・シング」は、ロックが吹き込まれたラブソングではありますが、優しいものとして最もよく定義できるものです。 続きを読みます

エアロスミスの「リヴィング・オン・ザ・エッジ」

エアロスミスのリヴィング・オン・ザ・エッジは、世界がよりクレイジーになっているにもかかわらず、人々は日常生活に精通しているため、変化が遅いという概念を前提としています。 続きを読みます

Run DMC(ft。Aerosmith)による「WalkThisWay」

名目上の表現(「ウォークディスウェイ」)は、実際には、女性が経験の浅い男性のパートナーに与えている親密な指示を示しています。 続きを読みます